受験対策にイチオシ|関西で家庭教師を利用するメリットを紹介

色々な経験ができる通信制

学生

学びの方法も多様

東京には、数多くの通信制高校が点在しています。公立私立の全日制高校が生徒数を減らす一方、通信制高校に通う子供は逆に増えているのです。東京には様々な特徴を持つ通信制高校があります。美容や音楽など、専門的な技術を教える学校もあります。そのような学校では、私立の全日制高校よりも高額な授業料が必要になります。しかし、東京の平均的な通信制高校の学費は、私立高校の半分ほどといったところです。授業日数が少ない割りには高い学費ですが、通信制のサポート体制を考えれば、それほど高額とは言えません。東京の通信制高校は、殆どがサポート校を必要としないシステムになっているので、通信教育の費用と授業サポートの費用の両方を含んでいるのです。通信制高校の学費で注意が必要な点は、殆どの学校が一括納入を義務付けていることです。単位制のシステムであるため、普通高校のように月謝という捉え方ではないためです。但し、前もって申し込みをすることで分割納入ができる場合があります。保護者の家計が苦しい場合、生徒がアルバイトで学費を工面する場合は分割納入がお勧めです。通信制高校では、制服や持ち物の規定がある学校は僅かです。入学前に用意する物と言ったら、筆記用具と教科書を入れる鞄くらいのものです。ただ、通信制のライフスタイルに必要な品を用意する必要も時にあります。毎日の登校が必要なければ、定期券の代わりに学割回数券は必ず用意しておきましょう。