受験対策にイチオシ|関西で家庭教師を利用するメリットを紹介

色々な経験ができる通信制

学生

東京には、様々な通信制高校があります。学費が高い専門技術を教える学校もありますが、大抵の学校は私立高の半額ぐらいの学費です。通信制高校の学費は一括納入が殆どなので、注意が必要です。分割納入を希望する場合は、前もって申し入れをすることです。

後悔しない学校選び

女の人

大学の学費は国立の場合で約270万円、私立で約510万円です。いずれも4年間の平均値ですので学部により異なってきます。大学の比較方法としては学費のみで比較するのではなく例えば複数の大学のオープンキャンパスに参加して生の情報を聞くなどによって検討することが有効と言えます。

通信で授業が行われる高校

高校生

福岡の通信制高校は全日制の高校とは違い、個人のペースで勉強できるようなカリキュラムが組まれています。全日制の高校は学年制なので留年する事がありますが、通信制高校は単位制なので留年する事がなく、単位を取得すれば卒業する事ができます。

志望校合格を目指すために

レディ

良い先生を探そう

中学受験や高校受験、大学受験を目指すために、家庭教師の先生に勉強を教えてもらう人は昔も今も多いです。家庭教師の先生に来てもらうメリットとしては、自分のスケジュールに合わせて授業をしてもらえることや、自分の実力に合わせて指導してもらえることなどが挙げられますが、最近は、特に関西地区において、塾のフォローに家庭教師の先生に来てもらうパターンが増えています。関西には大手の塾がたくさんあり、どの塾も実績をあげています。塾のカリキュラムについていくことで志望校合格を勝ち取ることができるのですが、そのカリキュラムがスピードが速くてついていけなかったり、内容が難しくてついていけないなど、色々な問題が生じてくることがしばしばあります。自宅で保護者がそのフォローをできる場合は良いのですが、なかなかそれが難しいことが多いのが現状です。関西には大学がたくさんあるので大学生に家庭教師の先生として来てもらうこともできますし、プロの家庭教師の先生にお願いするのも一つの方法です。大手の塾の場合は、塾に相談すると個別に家庭教師の先生を紹介してもらえることもあります。関西地区では家庭教師の先生を見つけやすいので、成績アップにつなげることができるように、自分に合った先生を頑張って探しましょう。費用は大学生の先生よりプロの先生の方が多くかかる傾向がありますが、どちらの先生の場合も来てもらう回数が多いほど一回の単価が安くなることが多いので、双方が納得のいく費用になるように事前に相談しましょう。